土木工事

盛土法面締固め装置

NETIS 登録番号:KK―170010-A

近年、盛土法面において強度不足からの浸食・崩壊による多大な災害が発生していますが、現在、盛土法面の品質管理基準については、法面の強度に関するものは明確に規定されていません。そこで、現在の品質管理方法に代わり、より精度のよい管理が出来れば、盛土等の締め固め管理が向上し、品質が良くなると考えます。

本技術は、法面の締固めにコンクリート破砕作業に使用する油圧ブレーカと、盛土法面締固め用プレートを一体化し、これをアタッチメントとしてバックホウに取付けて油圧ブレーカの打撃力により、法面の締固めを行うものであります。

概要

主要機械
0.28㎥級バックホウ / 油圧ブレーカ / 盛土法面締固め用プレート(自社製品) /
適応範囲
法面工における盛土法面整形工に適用可能。
使用する盛土材としてレキ質土、砂質土、粘性土に適用可能である。
#

盛土法面締固め装置使用の特徴

法面の品質が向上
従来の法面バケットを使用しての締固めと比べ締固め度が高く、平坦場と同等の締固め度が期待できる為、降雨時の法面保護機能が高くなります。
オペレータの技量による品質のバラつきがなく、所定の品質が確実に確保できます。
経済性の向上
小型のバックホウでの締め固めが行えるため、経済性の向上が期待できます。
更なる品質の向上を検討
法面の締固め度合の進行を確認できるように、計測装置を取付け、
更なる品質の向上を検討しています。
i-construction への取り組み
i-construction の取り組みに伴い本装置とICT建設機械と併用により生産性の向上と共に、品質確保に加えて出来形精度の向上も期待できるようになります。
特許(取得実績)
「法面締固め装置」 特許第5499069号
#

共同研究

  • 国立大学法人 九州大学
  • 国立大学法人 福井大学
  • 株式会社 淺川組

連絡先

連絡先 株式会社淺川組
住所
TEL/FAX
〒640-8551 和歌山市小松原通三丁目69番地
TEL:073-425-1221  FAX:073-425-1228
担当者 事業本部土木部設計課 谷山 充、大西 盛一郎

参照 国土交通省 NETIS 新技術情報提供システム
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KK-170010

PICK UP MENU
GROUP/ グループ企業
ページトップへ