土木工事

パルテム フローリング工法 〔製管工法〕

パルテム・フローリング工法は、
既設管渠内で組立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製の嵌合部材と表面部材を組込み、
既設管渠とポリエスチレン製部材との間に充填剤を充填することにより、既設管渠を更生する工法です。更生管は、既設管渠と更生材が一体となった複合管となります。

パルテム フローリング工法の特徴

オーダーメイドの強度設計
既設管の劣化状況に応じて更生管の強度設計ができます。
曲がり配管にも容易に施行
従来の工法では不可能とされていた45度曲がりを始め、
連続曲がり管などにも容易に施工ができます。
あらゆる断面形状に対応
円形、矩形、馬蹄形などあらゆる断面形状に対応できます。しかも、特別な装置を必要としません。
門型施工も可能
管の頂部、側部のみを補強し、管底高さを上げない施工もできます。
勾配調整も可能
鋼製リングに専用部材を取り付けることで、正確な勾配調整が可能です。
流下性能の向上
更生管は既設管と同等以上の性能を有します。粗度係数が0.01以下であることが確認されました。
優れた耐久性
表面部材は高密度ポリエチレンを使用していますので、優れた耐薬品性、耐摩耗性を有します。
また、高圧洗浄も問題ありません。
「管きょ更生工法の耐震設計と考え方(案)と計算例」に沿った設計が可能

適用範囲

ABCDE

施工管構造の

A・・・PE表面部品

B・・・鋼製リング

C・・・既設管渠

D・・・モルタル

E・・・PE嵌合部材

用途 下水道管渠、農業用水管、工業用水管、樋管等
管種 ヒューム管、場所打ちコンクリート管等
口径 200㎜~800㎜
断面形状 円形
施工延長 標準70m(口径、厚さによる)
施工条件 管形成時のみ一時止水

連絡先

連絡先 株式会社淺川組 (パルテム技術協会 会員)
住所
TEL/FAX
〒640-8551 和歌山市小松原通三丁目69番地 担当:事業本部営業部
TEL:073-423-7161  FAX:073-436-3675
PICK UP MENU
GROUP/ グループ企業
ページトップへ